3月21日春分の日は、乗り鉄に勤しんでおりました。

前日夜に家を発ち、バスで横浜へ。本来なら横浜で東海道線最終の静岡行(休前日のみ運転の臨時快速)に乗り継げる沼津行に乗車する予定が、アクアラインの大幅渋滞に巻き込まれ(千葉に来て半年以上経ちましたが、これまでで最大規模)、沼津行に間に合わず。「止む無し」と最終のこだま号三島行に乗って静岡行快速に乗り継ぎ、何とか元の予定に戻してこの日は吉原のネカフェ泊で21日を迎えました。

21日は始発で富士駅に行き、身延線を完乗。そのまま北上し、松本城を観光し、「リゾートビューふるさと」→キハ120と乗り継ぎ大糸線も完乗(キハ120で爆睡したためせっかくの大糸線西日本区間の記憶がほとんどありません泣)

糸魚川に辿り着くと「雪月花」が通過するとのことで、橋上からキハ120と合わせて狙いました。

AE4I4428
ET122形1000番台 えちごトキめきリゾート雪月花「越後・越中紀行」 糸魚川にて(1603ごろ通過)

この日は特別運行で、あいの風とやま鉄道まで乗り入れていたので、この時間に糸魚川を通過したとのことです。レアな光景に遭遇できました。

そして、えちごトキめき鉄道といえば455+413系
この乗り鉄旅行も、455系に遭遇できる行程を組んだため、その時の気分で乗るか撮るかしようと決めておりました。
「乗る」場合は急行4号ですが、スジが立っており乗車時間が30分未満…であればやはり「撮る」だな、となりましたが、この時は天気が悪く、、、「じゃあ天気関係ないトンネル内で!」と思い立ち、筒石駅に向かいました。

AE4I4441
8005M 急行4号 455+413系 筒石にて(1652ごろ通過)

旧北陸本線のハイライト、頚城トンネルの中にある駅を通過する急行電車を縦構図で切り取りました。ISO25600の高感度撮影です。少し暗めに現像して筒石駅の雰囲気を表現しようとしました。

撮影後、直江津ー上越妙高ー新幹線ー上野ー東京ー総武快速と乗り継ぎ帰宅

18きっぷ+一部新幹線の組み合わせは今回のように短い時間でも効率よく回れるのでお勧めです。
今回はフォッサマグナに沿って北上しました。18きっぷの残りでどこに行こうか、楽しみです。

結局乗り鉄でも撮り鉄を入れちゃいましたが(笑)